手づくりこんにゃく英彦山のホームページ

Twitter

  • aki_hikosanをフォローしましょう
無料ブログはココログ

自然

2017年10月25日 (水)

イベント情報!10/28-29

今週末の予定です!

添田町ふるさと祭り
10月28日(土)
10月29日(日)の両日です。...
10:00~16:00
場所:そえだサン・スポーツランド 野球場

地元の秋の味覚はもちろん、姉妹町、北海道の美深町より届いたじゃがいも、カボチャも大人気!
ステージショ―もあります!
こんにゃく商品、串こんにゃく、煮たまご販売します

SO・E・DA星空フェスタ2017
10月28日(土)17:00~21:00
場所:そえだサン・スポーツランド/そえだド―ム

詳細は
ア―トもんFacebookにて
https://www.facebook.com/events/123132555009928/?ti=cl

飲食ブースにて串こんにゃく、煮たまご販売します!

28日は、朝から夜までサンスポーツランド

天体のエキスパート、天文ハウスTOMITAさんのエアド―ム型プラネタリウムは絶対に体験してほしいです!(有料です)
空が晴れていれば、天体観測も楽しめます
添田の夜空にエコ風船を飛ばしたり
星や宇宙にまつわるワ―クショップもわくわく

仕事そっちのけで、全部体験したい…

前回は、この添田の夜にどこからの人?!と思うくらいに大盛況でしたので、今回も車や人に気を付けて遊びにいらしてください

串こんにゃく&煮たまごも、売り切れ御免にならないように、準備も頑張りますReceived_989025884572491_1

台風去って今週こそは!と思っていましたら、22号発生だとか…(ToT)どうか、大したことありませんように!

1508880642467

1508880642189
Screenshotshare_20170313_163609_1

2016年3月17日 (木)

ミツマタの花

英彦山方面配達途中に久しぶりに銅の鳥居に立ち寄ってみました。
この時期気になるのは。。
1458132577976
ミツマタの花!
私も数年前英彦山の参道に咲くこの花を見て知りました。
 
初詣の時はまだまだ真っ白な小さな蕾でしたが、3月も半ばになるころには黄色というよりもアイボリー色の花がぽつぽつ咲き始めまています。
Imag2063blog
Imag2066blog
↑↑
今年の元旦の参道に咲くミツマタ。
1458132611014
 
 

2016年1月27日 (水)

2016!

いつもこちらに訪問くださっている皆さまには大変ご迷惑をおかけしております。
 
かなり久しぶりの更新となりましたが2016年もどうぞ手づくりこんにゃく英彦山を宜しくお願い申し上げます。
 
昨年末に、ネット環境もひかりに変え、インターネット販売用のホームページもリニューアルいたしました!
 
新旧とまだ完全移行までもう少し時間がかかりますが、どうぞよろしくお願いいたします。
 
また、2016年2月22日まで福岡の特産品をお得に帰る通販サイトよかもん市場にも出品いたしております。
 
 
新ホームページ
旧ホームページ
 
 
よかもん市場 ふるさと割対象商品
 
 
フェイスブックページ
 
1月23日夜から25日までの3日間、記録的な大雪と寒波に見舞われた九州、山口地方。
 
その影響から凍結した水道管が破裂、福岡だけでも15万世帯以上の断水、ここ添田町もほぼ全域4000世帯もの断水が今朝まで続いておりました。
 
明日から小中学校も水の確保ができるようで、我が子たちもようやく登校できます。
 
当店は、山間部に作業場を構え、まだ雪も残っており朝、夜は道が滑る状況。
 
水は自家水道のため、蛇口を開けた状態で寒波を乗り切り、製品も凍結などの被害を受けず、ほっと胸をなでおろしている状況です。
 
まだまだ節水や、山間部の道路に十分気をつけなけらばなりませんが、平穏な日々が早く戻ることを祈ります。
Photo
 
Photo_3
 
Imag2186_1 Imag2196

2012年5月18日 (金)

ゆずの花に。

今の季節、作業場の目の前の畑から、爽やかな香りが漂っています。

Camerazoom20120517105206049


その正体とは。。。

白い可憐なお花。

ゆずの花が今、満開です。

この香りに誘われ、蜂や蝶が沢山集まって来ています。

Camerazoom20120517105400587               ↑↑↑

             黒いアゲハ蝶

Camerazoom20120518155514605
              ↑↑↑

  まん丸黒っぽい蜂も、沢山花粉を集めているようです。

柚子の実も、こうやって虫たちに受粉をしてもらって、実をつけることができるんですね。

今年の冬は、沢山実るといいです。

2012年3月14日 (水)

癒やし

植物がどんどん芽吹いて、春はエネルギーがみなぎっていますね。

作業場裏に、転がっている切り株に苔が生えています。

近くで、苔を見ていると癒されます☆彡

Camerazoom20120310143349279

近頃、子供達の間でも人気の「こびとづかん」の、コビトがでてきそう。

Camerazoom20120310143412055

2012年3月 9日 (金)

紅白の梅とクローバー

寒い寒い!と思っていましたが、春は着実に近づいていますね。

祖父の紅白の梅の木が、花を咲かせています。

Dsc_0144_4

            紅!

Dsc_0145_4

                          白!

Dsc_0142_3

一歩下がってついて行く、紅梅。。

花をつけた紅白の梅の木はまるで、長年連れ添う祖父母に見えてきてなりません。

それから。。。

昨年の夏休みの観察に、長女が植えた四つ葉のクローバーの種。

たくさんのクローバーは咲いたのですが、見つけた四つ葉は一つだけ。

そして、冬が来て、葉は枯れた状態になり、、近頃また青々と生えてきました。

で、、、

その中に一つだけ。。。。。

四つ葉を発見!!

Dsc_0149

さてさて、どこでしょう??

2011年9月20日 (火)

こんにゃく造り体験(後編)

さて、KTG48のみんなの造ったこんにゃくの続きですが。。

ところで、この「KTG48」の名付け親は、「たこやき先生」こと上野さん。

小天狗=こてんぐ=KTGだそうです。出会いのつどいの際に、しっかり説明付きで、

子供たちの心を掴んでおりました。

Vcm_s_kf_representative_640x480_13

そんなユーモアあふれる上野さんは、実は元・中学教師で、添田町津野中学にも在職されていたそうです。

ただ、楽しむだけでなく、簡単に乗り越えることのできない何か?を常に考えており、いくつものハードルを取り入れた活動プログラムを作ることで、ひとまわりもふたまわりも成長できる教育をされているのだと、この数日お会いした中で、感じたのでした。

何より、上野さんご自身が、子供たちとの活動をとーっても楽しんでおられて、

先日のこんにゃく造りのリハーサルの際も、出来上がりに大興奮されておられて。。

今回、リピーターの小学生も結構いたようで、「たこやき先生~☆」と、最初から大人気です。

さて、さて、 こんにゃくの方はというと・・・

Vcm_s_kf_representative_640x480_15

                         お見事ーー!

アクとの混ぜ方にムラがあったりで、正直どうかなぁーーと思っていたのですが。

ちゃ~んと、こんにゃくができております!

1時間もの間、ずっと火の管理を受け持ってくださった、職員の方に感謝です。

Vcm_s_kf_representative_640x480_18   

出来上がったこんにゃくは、お刺身にして、ポン酢をかけて食べたり、豚汁の具として入れたりして、腹ペコの子供たちの胃袋へ。

感想を聞いてみると、

いつも食べるこんにゃくじゃなくて、美味しい!

と言ってくれる子や、中には正直に、

僕は、こんにゃくがやっぱり苦手。。

と言ってくれたり。

そんな子も、いつしか大人の味覚になる頃、この日の事を思い出して美味しく食べてくれる日がきてくれるといいなぁ。

                      そして、主人と私も、

Vcm_s_kf_representative_640x480_19

KTG48のみんながつくった豚汁を、美味しくいただきました。

ほんっとーに、美味しかったなぁ。。

ちゃんとカメラにはおさめられていませんが、人参や大根も、星型やハート、車などの型でくり抜いていて、具材のひとつひとつから、気持ちが伝わってきました。

今回、私たちにとっても初めてのこんにゃく造り体験でしたが、とても充実したものとなったと思います。改善しないといけない点もいくつかはありましたが、青年の家の職員の方に沢山お力を頂き達成することができました。

各班の大学生のリーダーさん達にも、色々とお願いすることもありましたが、おかげで子供たちも協力し合って活動ができたと思います。

「こんにゃくを自分たちの手で造って食べた」

という経験の中で、それぞれ色々な事を感じて、今後何かの役に立ってくれたらうれしいな。。と思います。

Vcm_s_kf_representative_640x480_21                ↑↑

帰りの駐車場から望む景色はうっすら夕焼け空でしたが。。。

Vcm_s_kf_representative_640x480_22              ↑↑

反対の森の方には、どんどん霧がかかってきていました。

KTG48の一員である、我が家の次女も明日と明後日の小天狗塾で何かを掴んで帰ってきてくれるといいなぁ。

という思いと、

台風接近で自然体験(登山や沢遊び)ができなくなる心配を胸に、英彦山を後に帰宅しました。

こんにゃく造り体験(前編)

9月17日土曜日は、台風の影響も心配されていましたが、朝から日差しも強く、英彦山青年の家での、こんにゃく造り体験も無事決行する事ができました。

Vcm_s_kf_representative_640x480

↑↑

外の野外調理場にて準備中。

Vcm_s_kf_representative_640x480_2                ↑↑

              昼食を終えた子供たちは、ハンモック体験中です。

Vcm_s_kf_representative_640x480_3

↑↑

いよいよ、こんにゃく造りが始まります。「たこやき先生」こと上野さんより、調理器具の説明がなされています。この後、私たちの紹介をして頂きました。

子供たちも、私たちの準備中の傍に寄ってきて、「こんにゃくづくりって難しい??」とか、粉末のヒジキを見て、「これ何??土を入れるのーー?」など、興味深々。

Vcm_s_kf_representative_640x480_4                ↑↑

主人が、先日畑から掘ってきたこんにゃく芋を取り出し、ひとまず子供達の心をつかみます。

こんにゃくが、こんな芋からできていたことを知っている子は、半分くらいでした。

リーダーを務める大学生の中にも、初めて知った方もいるようで。。。

ちなみに、↓↓これが掘りたてのこんにゃく芋です。

下の芋の部分がこんにゃくになります。

この大きさになるまで、3年かかります。

Vcm_s_kf_representative_640x480_6

Vcm_s_kf_representative_640x480_7

↑↑

主人の造り方の説明もがんばって聞いた子供たち。いよいよ、自分たちで造ります。

青のりこんにゃく班と、ひじき入りこんにゃく班と分かれ、今回はこんにゃくを精製した粉末を入れて造ります。

最初のこんにゃく粉と青のりをお湯に入れてかき混ぜる作業は、子供達の手ではなかなか根気のいる作業。ドロドロ状になるまで混ぜないといけません。

疲れたら交代を繰り返しながら、みんなで頑張ります。

Vcm_s_kf_representative_640x480_8               ↑↑

ドロドロ状になった生地をしばらくねかせ、またその間に次の工程の説明に入ります。

次は、アクというこんにゃくを固める役割をする、食用の貝殻からできた水酸化カルシウムを投入します。どんどん混ぜていくうちに、どんどん固まっていきます。

もう、粘土遊びのようになっておりますが・・・

これも、みんなで楽しく体験できるということで!この作業が一番楽しそう。。

Vcm_s_kf_representative_640x480_9

混ぜたこんにゃくを、お椀の型に入れ、もう少し固くなるまで待ち、後はゆであげたら完成!

みんな、自分の愛着の沸いたこんにゃくに印をつけようと、穴をあけてみたり、線を引いてみたり・・・きっと、ごちゃまぜになるのですが、そんなちびっこ達の発想、思わず笑ってしまいます。

Vcm_s_kf_representative_640x480_10               ↑↑

さて、いよいよ型からはずしたこんにゃくを、沸騰したお鍋に投入します。

今回は、1~3年生の低学年ということもあり、火起こしまでは難しいので、

青年の家の職員の方が、ずいぶん前からかまどでお湯を沸かして準備してくださっています。

Vcm_s_kf_representative_640x480_11

しばらくゆであがるまで、のり巻き、きゅうりの浅漬け、豚汁つくりに小雨も降ってきたので、一同体育館へ移動し、作業開始。

ひとまず、一連のこんにゃく造りの作業が終わりました。

48名のちびっこと9名のリーダーさんに職員の方数名と、ワイワイと熱中して造りあげたこんにゃく、どんな風に出来上がることでしょう??

後編に続く☆

2011年9月14日 (水)

ニセコルリクワガタ?!

昨日、英彦山青年の家にて、手づくり体験の打ち合わせに伺った時、珍しいクワガタらしきものを発見!!

野外調理場の手洗い場で、手を洗おうと水を出すと同時に、小さなクワガタがいることに気がつき主人と、

「クワガタのメスかなぁ・・」

くらいに思って、担当の上野さんに見てもらったところ。。。

どうやら、珍しい種類かも?!

と言われ、クワガタに詳しい職員に見てもらったところ。。。。

わからない?!調べてみます!!

こんにゃく造りを終え、結果を聞いたところ、

どうやら

ニセコルリクワガタ もしくはミナミコルリクワガタ

という種類のものではないか???ということでした。

以前、KBCのアサデス。で、英彦山に、暑さに弱い小さなクワガタがいるという情報を思い出しました。

確か、ツイッターでもつぶやいていた・・・

と思い、見返してみると。

5月16日に「ニセコルリクワガタ」について、つぶやいていました。

↓↓↓

 アサデス。見てたら、英彦山情報が。県内では、ここ英彦山にしか生息しない、「ニセコルリクワガタ」という暑さに弱い小さなクワガタがいるとのこと。クワガタなのに春のみ現れる希少種で、福岡県の準絶滅危惧種とか。(5月16日aki_hikosan ツイッター)

KBCの情報では、「春にしか出現しない」ということですが、もしこれが本当の希少種だとすれば。。。すごい発見では??

うーん、でもでも、特定の木にしかいないようですし。。。

アサデス。KBC

Cimg0217

職員の上野さんの手の甲に乗せて、2センチほどでしょうか。

Cimg02171

私の出した水道の水が少しかかってしまってごめんなさい。。。

うーーーん。うーーーーーーーーーーーーん。。。。

素人には良く分かりませんが、もし、希少種のクワガタだとすれば、本当に不思議な出会いでした。

飼育するのか、森へ戻すかは、青年の家のクワガタに詳しい方に、後はお任せしておりますが、ぜひ、子孫を残して、危機を逃れてほしいものです。

2011年9月 6日 (火)

ゴーヤ

ゴーヤ
ゴーヤ
ゴーヤ
今、作業場の前の畑でゴーヤが最盛期を迎えています(遅っ)

母作成の竹で組み立てた棚に巻き付いて、ゴーヤ棚にモリモリ実を付けています。
天井には、黄色いゴーヤのお花畑が広がり、蜂がやってきては、せっせと花粉を集めているようです。
最近の雨を沢山吸収し、青々と元気に風に揺れて、涼しげです。

今夜は何料理にしようかな。

より以前の記事一覧