手づくりこんにゃく英彦山のホームページ

Twitter

  • aki_hikosanをフォローしましょう
無料ブログはココログ

自然食品

2017年10月25日 (水)

イベント情報!10/28-29

今週末の予定です!

添田町ふるさと祭り
10月28日(土)
10月29日(日)の両日です。...
10:00~16:00
場所:そえだサン・スポーツランド 野球場

地元の秋の味覚はもちろん、姉妹町、北海道の美深町より届いたじゃがいも、カボチャも大人気!
ステージショ―もあります!
こんにゃく商品、串こんにゃく、煮たまご販売します

SO・E・DA星空フェスタ2017
10月28日(土)17:00~21:00
場所:そえだサン・スポーツランド/そえだド―ム

詳細は
ア―トもんFacebookにて
https://www.facebook.com/events/123132555009928/?ti=cl

飲食ブースにて串こんにゃく、煮たまご販売します!

28日は、朝から夜までサンスポーツランド

天体のエキスパート、天文ハウスTOMITAさんのエアド―ム型プラネタリウムは絶対に体験してほしいです!(有料です)
空が晴れていれば、天体観測も楽しめます
添田の夜空にエコ風船を飛ばしたり
星や宇宙にまつわるワ―クショップもわくわく

仕事そっちのけで、全部体験したい…

前回は、この添田の夜にどこからの人?!と思うくらいに大盛況でしたので、今回も車や人に気を付けて遊びにいらしてください

串こんにゃく&煮たまごも、売り切れ御免にならないように、準備も頑張りますReceived_989025884572491_1

台風去って今週こそは!と思っていましたら、22号発生だとか…(ToT)どうか、大したことありませんように!

1508880642467

1508880642189
Screenshotshare_20170313_163609_1

2017年10月13日 (金)

サンQ市

しとしと雨の中、今日は2ヶ月に一度の後藤寺商店街のサンQ市に刺身こんにゃくと串こん、煮たまごを販売にいってきました

1508586086655_2 1508586106884 1508586059131_2

同じ添田町の特産品、英彦山名産店、いさみ酒店を営む渡壁さん家の
柚子こしょう、柚子みそ、柚子ジャム
もコラボ販売

1508586162827

7月の豪雨で英彦山川沿いのご自宅や店舗、商品も川の増水で深刻な被害にあわれ、ようやく少しずつ販売できるようになった貴重な商品たち。。
渡壁さん顔馴染みの方々がやはり沢山声をかけてくださり、購入もしていただきました。ありがとうございます

今回で3回目参加でしたが、平田屋のこんにゃくもお客様にも少しずつ覚えていてたいて、前回買ったけど、美味しかったよ~♪と言っていただけたり、商店街スタッフさん、出店者さんの沢山の笑顔と、体験学習に来ていた元気一杯のちびっこパワ―に圧倒されたり。。今日もあったかい気持ちで💕そろそろ終盤になるころに!

1508586552142

なんと、極めつけは、、、
ほんとにアポなし、サプライズなんですね!

博多華丸大吉さんと、ほんこんさんがふら~りと、後藤寺商店街をあるいているではありませんか。
そして、こんにゃく屋にも足を止めて、取材が始まったのでビックリでした

1508586622468 1508586641852

テレビ西日本の
華丸・大吉のなんしようと?
(毎週金曜日 19:00~19:57)
の田川編の収録にでくわしたのでした🙌

詳しくは↓

田川編、11月10日放送予定だそうですよ

川崎編も11月17日も放送予定だそうです

2017年10月 6日 (金)

イベント情報!10/8-10/9

手づくりこんにゃく英彦山 平田屋は、
道の駅歓遊舎ひこさんにて、10/8(日)と10/9(月祝)の二日間、
こんにゃく、串こんにゃく、煮たまご
の販売いたします!
両日10:00~16:00予定です。

...

7(土)8(日)9(月祝)の三連休は、道の駅歓遊舎ひこさんから、車で15分程の東峰村で、小石原民陶むら祭りが開催中!!

1508668301790 1508668325005

1508668256042_2 1508668288724

1508668277594

 

2017年8月24日 (木)

イベント情報!8/27

週末に開催される天神中央公園での九州北部豪雨復興イベントに27日日曜日のみ参加させていただくことになりました!(両日10:00~16:00)

27日は、こだわりの手づくりこんにゃくの串こんと煮たまごを甘辛味付けで販売いたします。

福岡のフリ―ペーパー、リビング福岡さんにも、被災地の現状の声が。行政区が異なりますが、日田市、朝倉市、東峰村、添田町は観光で来られるお客様にとっては一連でもあり、災害後、観光バスが道の駅の駐車場に停車している様子が見受けられません。

...

いただいたご縁で精一杯できることを、できるだけ頑張ります。

添田町は、
26日(土)27日(日)両日
歓遊舎ひこさんさんの地元野菜、加工品
ジビエ料理(鹿肉のサイコロステ―キ)
英彦山サイダ―など

26日(土)のみ
長谷の里さんのとりもも焼き

27日(日)のみ
手づくりこんにゃく英彦山平田屋の手作りこんにゃく、串こんにゃく&煮たまご

篠崎川魚店さんのやまめの塩焼き

を予定していますので、どうぞお腹を空かせて天神中央公園へおこしください

 
自動代替テキストはありません。
 
 
 
1508669140468_2

2016年2月25日 (木)

添田小学校5年生とこんにゃく作り体験2016

もう、1ヶ月が経とうとしていますが2月1日月曜日。
 
我が子もお世話になっている添田小学校で、5年生とその保護者対象にこんにゃく作り体験をさせていただきました。
 
今の中1の娘が5年生の時以来、2回目の実施。
 
今年の参加人数は親子合わせて約120名。
 
前回より30名も多く、最初にお話をいただいた時は色々な物理的な問題があり、正直難しい。。と思いお断りしていたのですが、他の候補も先方が厳しいという事。。
 
前回参加された保護者の要望もあるそうで、2クラスの担任の先生方の熱意に負け(^_^;)、綿密な打ち合わせを重ね、なんとかこの日を迎えることとなりました。
 
 
1454459097007
 
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
9:30~12:30の2時間の間、半分はこんにゃくを湯がく時間となります。
 
その時間には「アカザを守る会」の代表の武貞君にゲストティーチャーをお願いしました。
添田町の3河川のお話や、そこに生息するナマズの一種で絶滅危惧種に登録されているアカザについての話、実際にナマズ君を連れてきて観察してもらうなど、私も参加したいくらいでしたが、この時間はこんにゃくを湯がいていなければなりません。
 
とにかくすべきことが多く、奥様にも、こんにゃく作りのお助けスタッフとしてご参加いただきとても助かりました。
 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 
まずは、自己紹介、今日のスケジュールやこんにゃく芋を実際に見せたり、主人が話している間に、私達はこんにゃくに使用するお湯を温度と量をはかりながら12班分を取り分ける作業。。
 
Cimg6541_2 Cimg6542_2
 
お湯の量が違ったり、作るタイミングで熱すぎても、冷たくても固まり方に違いが起こるため、最初のこの作業が非常に大切。
 
お手伝いをかって出てくださった5年生の保護者ママさん(^^)
ここの作業から、ほぼ最後まで助けていただきほんとに感謝!感謝!でした。
 
 
1454459097143_2
 
2か所に分かれ、それぞれ主人と私とで、まずは説明をしながらデモストレーション。
 
子供たちの目は、かーなーり真剣です!
 
こんなに注目を浴びながら作るのは久々です。。
声はちゃんと届いたかな~?
 
1454459151291_2
 
続いて各班に分かれての作業。
みんなしっかり手順を見て聞いてくれていたので、どの班もばっちりです!
過去に、もっと小さい親子対象にもしましたが必ず入れる順番が違ったりがあったので、
さすが~5年生だわ~と感心しました。
 
Cimg6547
Cimg6553_2
Cimg6557
 
今回はゆずこんにゃくなので、お湯の中にこんにゃく粉と添田産ゆずの皮の粉末を入れて、ひたすら5分ほど混ぜ混ぜ作業。
 
疲れたら交代しながら、だんだんトロッと固まってくるまで混ぜ混ぜ。。
ランチルームはゆずの香りとこんにゃくの独特な香りでいっぱいです。
 
「いい香り~♪」
 
という子や、
 
「うわーこのにおい僕にがて!」
 
など、好みはさまざまのようです。。
 
Cimg6562_2
数分寝かせている間に、次の作業のデモストレーション。
 
今度は、まるで化学実験のような作業。
 
水分を含んで軽くゼリー状になったこんにゃくの中に、アクと言われる、アルカリ性の水酸化カルシウム(当店のはホタテの貝殻由来の物を使用)を素早く混ぜていきます。
Cimg6563
この作業は、素直な子供たちから、どよめきが起こるタイミングでもあります。
 
アクが混ざると、みるみるこんにゃくが固まっていくので、おおー!って感じです。
Cimg6564_2
アク がまんべんなく混ざったら、素早く型に入れます。
混ぜすぎたり、時間がかかると どんどん固くなり、分離してくるので なるべく素早く頑張って!と声かけ、再びみんなの作業に入ります。
あと、昔は糊代わりにも使用されたとも言われるほど粘着力もあるので、衣服についたらなかなか取れないので、要注意です。
Cimg6566_3
ほんの少しの量のアクをこぼさないよう、みんな真剣!
 
Cimg6569_2
はい!混ぜて混ぜて~!
 
Cimg6573_2
 
P2010102_2
どんどん固まっていく感触を確かめながら、混ぜ混ぜ。。この作業はあっというまです。
 
 
P2010107_2
P2010108_2
この後の試食用と、それぞれお持ち帰り用とを作っていきます。
 
P2010109_2P2010110_2
 
今から家庭科室へ運び、約1時間ゆがいていきます。
出来上がりが楽しみ~♪
みんなで片づけを済ませ、こんにゃくが茹で上がるまで添田町の自然とその河川に棲む生き物についてお勉強~。
アカザの会の武貞君にバトンタッチです。
 
P2010111_2
P2010114_2
家庭科室で写真を撮る余裕がなかったですね、画像なしですが、無事成功~!
子供たちに大好評のおからこんにゃくのから揚げもセットで、試食タイム。
ほっかほかのゆずこんにゃくをパクパク。
こんなの普段は食べられないし、自分たちで作ったからなおさら美味!?
最初はこんにゃくが苦手だという子も、食べられたという声はうれしかったですね。
 
 
P2010123
Cimg6579_2
Cimg6577
こんにゃく用はいつも作る作業場から汲んだ水を使用し問題無かったのですが、手洗い場の水が先日の断水の影響で、使えなかったりちょっとしたハプニングはありましたが、ここに参加してくださった皆さんの手助けで乗り越え、とてもいい時間ができたと思います。
5年生の記憶に残ってくれたら幸いですね。
そして後日、、
14563472942325年生のみんなから、私たちと、アカザの会の武貞君へと温かいメッセージをいただきました(#^^#)
1456347315140 1456347323558
みんなの素直な意見や、少し大人びたメッセージなど読んでいてほっこり。そしてこちらもとても勉強になりました!
添田小学校の先生方、保護者の皆さま、担任のM先生とY先生、アカザの会の皆さん、本当にお世話になり有難うございました。
 
 

2013年1月28日 (月)

農業農村体験ツアー〜こんにゃく造り体験〜

雪の舞い散る1月26日(土)。

福岡の農業応援団農業体験ツアーに登録された、約50名程のファミリーの方々を対象に、

こんにゃく造り体験を実施させていただきました。

朝9時。オークホールの調理室にて準備。

Camerazoom20130126090524255


10時半。早朝博多駅より出発し、添田町に到着のファミリー。まずは、トイレ休憩などをとっていただき、今回のツアー受け入れスタッフの紹介の後、こんにゃく造りプログラムへ。

講師として、主人の平田が説明。こんにゃくは何からできている?どのようにつくれれている?こだわりの手造りこんにゃくについての説明などなど、本物のこんにゃく芋を見てもらいながら、意外と知らない「こんにゃく」についての話をさせていただきました。

P1130281


そして、いよいよ作業開始。

7グループに別れて、ひじき入りと青のりの2種類のさしみこんにゃくをつくっていただきます。

普段は、地下80mより汲み上げた天然水で造っておりますので、今回も天然水にこだわり、歓遊舎ひこさんの地下水「山霊の水」を使用。

まずは、主人と妻の私で2箇所で手順を実演。皆様とっても真剣に聞いてくださいました。

実際に造っていく行程でも、3分の1が小さなお子様でしたが、おうちの方と一生懸命協力して最後まで頑張っていました。

Taiken_3

実際に手に触れて、こんにゃくの香りや、どんどん変化していく行程に驚きの声も。

終盤は、皆さん和気あいあいとした雰囲気で、色々な質問をして下さり、こちらもとても楽しい時間を過ごすことができました。

こんにゃくをゆがく前までの作業で終了。

Taiken7

あとの作業は数時間かかるので、参加者の皆さんは、道の駅歓遊舎でランチバイキングで昼食をとり、次の体験の収穫体験→しいたけの菌打ち体験へ。

残った私達と、数名のスタッフの方でゆがく作業に。

しかしながら、

さしみで食べられるこんにゃく=アクのえぐみ、臭みがない=アクの量を極力少なく配合

という、当店のこだわりの為に、混ぜ方によってはうまく固まらないというリスクも大きい。という心配が実際に起こってしまったグループさんもいました。

Camerazoom20130126123307771

↑↑

特に青のりの粉末入りは、目が細かいほど結合力を弱める為、もっと青のりを粗く粉末にしたものを使用したほうが良かったということが、今回小さなお子様連れが多い事を考慮して対応すべきでした。

Camerazoom20130126134143311_4


              ↑↑

             こちらが本来の形。。

せっかくのご自分で造られたこんにゃくが哀れな姿と化した方。急遽、主人が造ったこんにゃくも一緒にお持ち帰りいただきました。ほんとうに、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

今回の「こんにゃくをゼロからつくりあげて、おうちに持ち帰って食べる」までの体験を通じ、都会から訪れてくださったお子様連れやご年配ご夫婦の方々の「何か」を満たしていただけてたらと思います。

そして、低カロリーで腸内環境にもとても良いこんにゃく。好きな子供達が増えてくれると嬉しいですね。

私共も、大きな反省もございましたが、何より皆さんの楽しんで体験された笑顔や貴重なご意見をいただき、これらをバネに今後も美味しいこだわりを見つけていこうと思いました。

また、準備段階から、当日の最後まで、急な事態にも対応くださったスタッフの方に大変感謝申し上げます。

2012年3月17日 (土)

こうさいたい -紅菜苔-とこんにゃく

こうさいたい -紅菜苔-とこんにゃく
菜の花に良くにていますが、茎が赤紫色をした中国野菜、こうさいたい-紅菜苔-。

母の畑は今から収穫期。

お湯でさっとゆがいて、生芋こんにゃくと共に、酢味噌をかけていただきます。

見た目のわりに、アクがなくて、あま〜くて、少し粘りのあるお野菜です。 

2011年10月31日 (月)

ハートの?!

                                                                                                                       

Vcm_s_kf_representative_640x480

                            里芋!

2011年10月17日 (月)

秋のイベント〜添田町ふるさと祭り〜

毎年恒例、添田町の秋のイベントが下記の通り、開催されます。

第24回ふる里まつりinそえだサン・スポーツランド

日時:10月22日(土)・23日(日)     10時〜16時(両日とも)

手づくりこんにゃく英彦山も、

地場企業懇話会の一員として、地元特産品卸売ブースで

手づくりこんにゃくの販売を致します。

早朝より、造りたての釜からあげたての、あつあつこんにゃくも販売いたしますので、

お近くに来られる方はどうぞお立ち寄りくださいませ。

その他、

お味噌、柚子こしょう、羊羹、干し椎茸、和洋菓子、やまめの塩焼き、手づくりパン、地酒などなど、地場の食品だけでなく、

製材木工業、焼物、英彦山ガラガラや陶面などの伝統工芸品などの展示販売、

しし汁やうどん、ジャンボおにぎり、つきたてのお餅などもございますので、お腹をすかせて是非ご参加ください。

また、毎年売り場に行列のできる、姉妹町の北海道美深町からの、ジャガイモやかぼちゃなどの販売も人気です。私は、「太陽の水」という、濃厚なトマトジュースが個人的に好きです。

ちなみに主人は、商工会青年部のうどん・そば作りのお手伝いも兼ねて頑張る予定です。

また2日目の

23日(日)の13時30分〜16時には、

岩石城まつり

も開催。

鎧兜を身にまとった町民が、戦国時代の合戦を会場で再現。

幼・保育園児たちも可愛い、武者になって応援しますよ。

添田町ふる里まつり・岩石城まつり添田町観光ナビ◎

2011年8月11日 (木)

きゅうりのお漬物

きゅうりのお漬物
先日母が畑で次から次へと実るきゅうりと白瓜を塩漬けにしていました。

二日ほど塩漬した後、本漬に酒粕と味噌を使用。

この酒粕は、地元の戸渡酒蔵さんのもの、味噌はこれまた地元の中村醤油さんの味噌を樽で購入後ねかせておいたものでした。

詳しい造り方は、なんせ朝ニワトリよりも早起きの母なので、漬ける作業を見た事が未だ無く、まだ把握しておりませんが、

出来たよ〜味見してみよ~

と、きゅうりの粕漬け、味噌漬け、さらにニンニク醤油漬けをそれぞれを持って帰宅の母。ついでに人参も漬けてありました。

早速、切る側から味見した所、粕漬けは、アルコールと甘い香りが鼻から抜ける感じがくせになりそうです。母が言うには、もう少し漬けたほうが味が馴染むそう。

味噌漬けの方は、味噌にも塩分があるせいか、しっかり味が馴染み、このまま白いご飯がいくらでもいけそうでした。

見た目にはほとんど変わらない粕、味噌漬けですが、風味は全然違いました。

今回まだ食卓には上らなかった白瓜は、もうしばらく漬けておくそうなので、また楽しみにしていようと思います。

写真は、人参の味噌漬け、きゅうりの粕漬け(しわしわの方)、きゅうりのにんにく醤油漬け三種。

塩漬けにする時間が長いほど、水分が抜けるのでしょう、同じきゅうりでも、全然変わってしまいます。

より以前の記事一覧